不動産売却の流れ

「買い替えのために、今住んでいるマンションを売りたい」
「投資用として買った物件を、所有するのが負担だから売りたい」
様々な理由で物件を売却することを検討なさっていると思います。
どんな理由であれ「早く、高く、かしこく」売りたいというのは共通の希望でしょう。
そのためにも基本的な売却の流れのポイントを知ることは大切です。

1.売却を考える

自分の住まいがどれぐらいで売れるのか、買い手はいるのかをしらべることができます。
まずは、物件の周辺相場を知ることから始めるとよいでしょう。

 
2.売却費用を調べる

住まいの売却にも費用がかかります。
所有権移転登記費用、ローン残高があれば、抵当権抹消費用、仲介手数料、契約書印紙代がかかります。

 
3.査定をしてもらう

物件価格の査定を依頼するところから、不動産会社との付き合いが始まります。
実際に住まいがいくらで売れるのかを査定して算出します。

 
4.売却活動について

不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。
主な媒介契約の形態は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか決定しましょう。

 
5.売却活動について

売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。
自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。
インターネットからチラシ掲載にいたるまで、幅広い広告活動を行います。
不動産業者等への紹介などを実施します。

 
6.売却の契約をする

購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。
売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供しましょう。
売却が決まりましたら、不動産売買契約を結びます。
このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を受け取ることになります。

 
7.抵当権の抹消・引渡し

引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請を行います。
買主に鍵をお渡しし、引渡しを行います。
ローン借り入れのある方は抵当権の抹消などの手続きが必要になります。

 
 

不動産の売却はこのような流れが一般的になります。
買い替えなら購入が先なのか、売却が先なのかをしっかり検討することも必要になります。