不動産会社の査定について

不動産の売却を検討するに当たって、大きな検討課題となるのが「価格」なのではないでしょうか。
住宅を売買するときには、まずは家の価格査定から始めると思います。
そのお住まいがいくらで売却することが可能なのかを知ることが重要になります。
不動産の価格は世情によって上下し、一定ではありません。
不動産の価値を見定めることは、専門家でないと難しいものなのです。
車の査定やリサイクルショップの買い取り査定など、さまざまな場所で日々商品の査定は行われています。
しかしそれらの査定と不動産会社の行う査定とでは少し意味合いが違ってきます。
まず、不動産会社が行っている査定は「査定を行う不動産会社が物件を購入するわけではない」ということです。
あくまでも同じ市場データをもとに、価格査定マニュアル、地域特性を踏まえ、「このくらいで売れるのでは?」とアドバイスすること、それが不動産会社の行う査定です。

査定には2つの方法があるとされています。



イス

・簡易査定(机上査定)
簡易査定とは、周辺の売り出し事例や成約事例、公示地価等の「基礎データ」を参考にして、不動産の査定価格を算出する方法です。現地訪問がないため、スピーディな返答が期待できます。
売却を検討し始めたばかりなので、まずはおおまかな査定価格を知りたい方におすすめです。

・訪問査定
訪問査定とは、不動産会社の担当者が現地を訪問した上で、不動産の査定価格を算出する方法です。
「基礎データ」と「現地の状況」の二つの視点から査定を行うため、より正確な査定価格を知ることができます。
住み替えを決意したので、査定についてより具体的な話を聞いてみたい方や相続などの理由により、正確な売却価格を知りたい方、リフォーム等、建物などの不動産に手を加えている方におすすめです。



家を売却するということは大きなお金が動くことです。
すぐ売りたいと焦らず時間的余裕をもって査定をしてもらってください。
しっかり安心、信頼のある不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。