不動産の売却方法について

不動産を売却したいという方はいませんか?
そうお考えの方は、売却方法をきちんと知っておかなければなりません。
不動産を売却する方法は、実は2種類あるのです。

ひとつは仲介です。
仲介は、不動産会社に所有不動産の売却を依頼し、不動産会社が広告や独自のネットワークを使って購入者を探してくれます。
売却成約時には、国土交通省の規定する仲介手数料が発生します。
もうひとつは不動産買取です。
不動産買取は、不動産会社が直接、不動産を買い取ります。
購入者を探す手間が省けるため、早期の売却が可能です。
また、仲介と違って、直接買い取りなので、仲介手数料は発生しません。



椅子

なるべく早く売却したい、という方には不動産買取がおすすめです。
不動産買取は、上記でも述べましたが、不動産会社が直接、不動産を買い取ります。
つまり、即時に売却できるということです。
仲介だと購入者が見つかるまでは、売却することができません。
極端に言えば、購入者が見つからなければ、いつまで経っても売却できないのです。
スピード面では、仲介よりも不動産買取の方が圧倒的に早いです。

ただ、不動産買取は、仲介よりも買取価格が低くなることがあります。
不動産買取で不動産を購入した不動産会社は、購入した不動産を自らお金を出してリフォームしたり、建て替えなどをすることによって、その不動産をバリューアップします。
そして、バリューアップさせた不動産を再度販売し、売却した金額からバリューアップに掛かった費用を差し引いた金額を利益としています。
ですので、不動産会社はなるべく買取にかかる費用を抑えたいため、買取金額を低めに設定する傾向がよく見られます。



買取金額が低くなるなら仲介の方がいい、と思われるかもしれませんが、不動産買取は、仲介手数料がかからない上に、即時売却が可能です。
それだけでなく、故障箇所の修理や責任も免債されます。
総合的に考えると、不動産買取の方がメリットは多いでしょう。