任意売却が可能な期間

任意売却という言葉を聞いたことがありますか?
家を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンなどの融資を受けて購入するかと思います。
その住宅ローンが払えなくなった時に、融資を受けた金融機関との合意に基づいて、家を売却する手続きのことを任意売却と言います。

任意売却はしようと思った時に、いつでもできるものではありません。
住宅ローンを滞納してしまい、家を処分しようと思っても、すぐに任意売却を行えないのです。
つまり、住宅ローンのしがらみからすぐに抜け出せないということです。



任意売却をするにはまず、保証会社が金融機関に代弁決済をする必要があります。
ローン債権が保証会社に引き継がれることになり、保証会社はそのローン債権の取立てを債権回収会社に業務委託します。
通常、住宅ローンについての債権が移転されると、債権回収会社は裁判所へ競売の申し立てをし、法的手段によって家を売却し債権を回収しようとします。
この強制的に売却されることに対して、任意に売却しようというものが任意売却なので、任意売却が可能になるのはこの時期となります。

また、任意売却に可能な期間も限られています。
その期間は競売の開札日前日までで、おおよそ6ヶ月程度です。
約6ヶ月の間に任意売却に関する全ての手続きを済ます必要があります。
もし、手続きを終えられなければ、家は競売に掛けられてしまいます。
競売だと市場価格より低い価格になるおそれがあります。



花瓶

任意売却はただ単に不動産会社に販売物件の情報を流して買い手を探すだけではなく、全ての債権者と交渉したり、抵当権を外してもらえるようにお願いしたりしなければなりません。
なので、専門業者に依頼して家を売りに出し、すぐに購入希望者が見つかったとしても、手続きに1ヶ月程度かかってしまいます。
最長で約半年、最短1ヶ月程度の期間で集中的に取り掛からなければならないため、任意売却ではスピードが最も大事だと言えるでしょう。