不動産売買のQ&A
・不動産売買のQ&A 購入するとき
Q.重要事項説明とはなんですか?

A.物件の売買を行う際、購入をする方に購入物件に関することを説明しなければいけない義務が不動産会社にはあります。
宅地建物取引業法で定められているため、購入者はこの説明を受け、説明を受けたという証明の捺印をしなければ物件の購入ができません。 また、重要事項説明は宅地建物取引主任者が行わなければいけないもので、取引主任者証を買い手からの請求が無くとも提示する。重要事項が書かれた書面は、取引主任者が記名押印してあるものを交付する。という決まりがあります。

これは契約完了前に行わなければならないもので、下記が説明項目になっています。

  • 建物に直接関係するもの
    • 権利の種類や内容など登記簿に登記されている事項。また、登記名義人、表題部所有者の氏名。
    • 法令に基づく制限に関する事項。この法令とは都市計画法、建築基準法、その他の法令を指します。
    • 私道負担に関する事項。
    • ガスや電気の供給施設、飲用水や汚水の供給・排水施設の整備状況。
    • 工事完了前の物件の場合、完了時の形状や構造等の事項。
    • 物件が土砂災害防止法で指定されている土砂災害警戒区域内、宅造法で指定された造成宅地防災区域内、津波防災地域づくりに関する法律により指定された津波災害警戒区域内の全てまたは一部に当てはまる場合はその旨。
    • アスベスト使用調査の有無、またその内容。
    • 物件が耐震診断を受けている場合、その内容。
    • 住宅品質確保法に規定される性能評価を受けた新築であるか否か
  • 取引に関すること、金銭面に関すること
    • 代金、交換差金、借賃とは別に発生する金銭の額と授受の目的。
    • 契約解除に関する事項。
    • 損害賠償が必要な場合の必要額の予定、違約金に関する事項。
    • 手付金を受領しようとする場合や支払金、預かり金を受け取る場合の保全措置を講ずるか否か。講ずる場合の概要。
    • 代金や交換差金に関わる金銭の賃借の斡旋。賃借が成立しない場合の措置に関する事項。
    • 販売方法が割賦販売の場合、現金販売・割賦販売それぞれの販売価格、また引渡までの支払額と割賦金額、支払時期とその方法。
    • 供託所に関する説明。

物件の契約を決めた場合、一般的な買い物とは違って大きな額のお金が動きます。お金に関することはトラブルの元となることもあるので、売り手買い手ともにトラブル防止に努めることが大切です。

重要事項説明とは、売り手が物件に関する情報を全て報告し、買い手にその情報を正しく認識、了承していただくために行うものです。

マンションやアパートのような集合住宅、区分所有建物の賃貸や売買の場合は上記に限りませんので、ご不明な点はお問い合わせください。

 
Q.マイホームの購入計画をたてるときどのような事に留意すればいいですか?

A.住みたい地域を決め、その際に交通の利便、生活環境、発展性など、どれに重点を置くかを決めます。
資金計画は堅実に計画し、借入金は無理なく返せる金額に設定します。
ローンの借入先を決めます。
それぞれ融資条件や返済条件が異なりますので、各金融機関へ確認します。

 
Q.間取図に「S」サービスルームとよく表示されていますが、どのような部屋ですか?
A.「納戸」のことで、通常は3帖以下の部屋ないしは、窓のない部屋を指します。
これは、建築基準法で定められた、窓のない部屋を居室と認定しないという決まりに従っています。
広さが8帖以上あっても窓がないのでサービスルーム扱いになる部屋もあります。
 
Q.不動産を購入する際に、自己資金はいくら位用意すればいいの?

A.以前は物件価格の80%~90%までしか、住宅ローンが組めないケースが多かったですが、今は申し込み者の年収や勤め先により金融機関によっては物件の100%以上組める場合があります。

 
・不動産売買のQ&A 売却するとき
 
Q.不動産を売却しようと考えているのですが何をすればいいですか?

A.まずは、不動産の査定を行なうことをおすすめします。
査定とは、その不動産がいくら位の金額で売れそうか、売却予想価格を調べることです。

 
Q.査定をお願いする場合、必ず売らないといけないのでしょうか?

A.そのようなことはいっさいございませんのでご安心ください。
売る、売らないはお客様の判断ですので、ご参考にしていただくだけでも結構です。

 
Q.少しでも高い価格で有利に売りたいのですがどうしたらいいでしょうか?

A.少しでも高く売りたいと思う方は多いですが、逆に購入希望者は少しでも安く買いたい、と思っているのが事実です。
重要なことは、高い価格で売るためには、お客さまの不動産を高く評価していただける購入希望者を見つけることです。

 

 

不動産の購入や売却のQ&Aには、主にこのようなものがあります。
疑問に思ったことがありましたら、しっかり検討することも必要になってきますので、こちらのQ&Aが参考になれば幸いです。